あなたへの言葉 10天沢履(tentakuri)  ヤクザを好きになった女性

0 天沢履(てんたくり)易からの言葉

 

 

<虎の尾を踏みつけなければ良い>

 

 

 

つまり、虎の尾を踏みようなことがあるということ。

物事の順序や、礼儀をわきまえて、

慎重に行動すること。

例えば、知らずにエレベーターで社長と一緒になったり。

無礼講も気を付けましょう。

とにかく、調子に乗りすぎると危険。

先輩や実力のある人の意見を素直に聞く。

勉強や習い事は最高。

キーワードは、少女のように従う。

 

 

「衣食足りて、礼節を知る」は

ここから由来しています。

 

天沢履(てんたくり) ヤクザを好きになった女性

 

本当に一万人も相談に乗っていると、

色々あります。

皆様に役立ててほしいです。

 

この女性はとても普通のお家で育っているのですが、

わがままなお嬢さんAさん35歳位。

 

天沢履が示されたので、

「年の違いがあり、ちょっと危険な恋かも?」

と話しました。

 

「わかりますか?」

「実は、年が15歳位上なの。

それも所謂、ヤクザさんなの。

でもね、全然まともな人なのよ。

私、今まで誰と付き合っても、満足しないのに、

彼だと満足なの。。。

色々、注意もしてくれるし。。」

 

「でも、ヤクザさんて、危険じゃないかしら?」

正直、心のなかではのけ反りました。

 

一応は注意はしたものの、

恋愛は、走り出した馬。

制御できないのです。

 

恋愛は難しくて、どう考えても、ダメな人でも、

反対すると起こりだしたり、

おまけに、「私、ダメな人が好きなんです」

そんな風に仰います。

 

恋愛は肉体的な深い意味合いも強いので、

こういう易からの言葉で、

人生の勉強をしてください。

 

例えば、松本清張さんの「黒革の手帳」に出てくる

主人公の女性とお金持ちの老人は

ぴったりのイメージです。

 

 

 

 

10、天沢履   ~恋愛~ ~人間関係~

 

 

この絵は、ちょっと危険な相手。

馬は走り出したら、制御出来ない。

 

~恋愛~

 

モテルが、セクシャルな結びつきが強い。

地位のある方や、年が離れた人を恋焦がれる。

カップルは情事的意味合いで、燃え上がる。

浮気心もあり。

女性の積極性に男性が引かれやすい。

後で後悔しないように。。

 

 

 

      天沢履(てんたくり)   ~人間関係~

 

 ~人間関係~

 

 

相手は年上だったり、相当にプライドがある人。

この卦は、礼儀を教えている。

また礼を失しやすい時。

先輩や目上に素直になって、教えてもらう。

対人トラブルは低姿勢で解決。

誰も見てなくとも、小さな親切を実行してみよう!!

電車で、お年寄りに席を譲ったり、

小さなごみを拾ったり。

 

*豆知識

 

聖徳太子の時代にも、疫病が流行りました。

有名な「和をもって、尊しとなす・・・」

これは、この天沢履から由来しています。

 

 天・・位の高い人、

沢・・・喜び、和する意味

 

喜んで、和して、従える尊い人がいるというのは、

幸せなことです。

 

BSテレビで人気番組、「ダウントンアビー」が

再放映されていました。

昨日、最終回が終わりました。

 

この貴族の一家と使用人たちは、

ちょうど、こういう関係でした。

主人は使用人を思いやる。

使用人も尊敬して尽くす。。。

 

まさに、天沢履でした。

ファッションも楽しめて、

当時のイギリス貴族のウイットに富んだ会話が

とても面白かったです。

是非ご覧になってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

akemiart絵描き
 文化服装学院ファッションデザイン科卒。20代の頃はファションデザイナー。和服からドレスを外国人に販売。   和服を提供したのが、パリに禅を広めた弟子丸大仙の親戚。海外の方がZenに興味を持っていることに驚く。1年西欧に滞在して哲学や宗教の大切さを痛感。  帰国し、電子式パイプオルガンの装飾などを手掛けました。音楽雑誌や新聞に紹介もされる。  結婚と同時に僧籍に入りました。密教、古神道、易の本筮法、九星、家相、手相、姓名学を学ぶ。    その後、病気を経験。  池袋メトロポリタンで、易カウンセラーとして、1万人の人生相談に乗る。  この頃、病気のお蔭で二度目の最愛の人と出会い、僧籍離脱 還俗しました。海外旅行をしながら絵を描き始める。  様々の画材で絵を描き始め、沢山の賞を頂く。  ドイツでは、ワインラベルとなって販売されている。  絵と詩のコラボも始め、自分も詩を書くようになり、メキシコでは、108人の世界の詩人たちと一緒に紹介されて本になる。