あなたへの言葉 11地天泰(titentai)  鯛焼きで離婚へ

11 地天泰(ちてんたい) 易からの言葉

 

本来は天は高く、遥か上にあります。

地は低く、下にあるのが、自然の姿です。

この卦は地が上にあります。

これは、気の作用を表しています。

天の気が地上に降りてきて、

つまり太陽の光熱が地上に降り注がれて、

地もまた受け入れて、万物が育つ状態です。

 

会社で言うと、社長が社員のことを考えて、

社員もまた会社が好きで、

上下が一体となっている状態です。

 

<平和と幸運の気が降りてきている>

 

 

 

ゆったりと安泰なとき。

平穏無事。

この無事な時を楽しみながらも、

細かいことに心を配りなさい。

一人より、仲間やグループなどで物事を行う時。

季節の挨拶状とかは、功を奏する。

 

 

 

地天泰(ちてんたい) 鯛焼きで離婚?

 

 

 

この絵は、街角の恋人というタイトルです。

安定した恋人同士でしょうか。

 

********

 

地天泰の泰に合わせて、鯛焼きのお話です。

 

   結婚なさって、3年目の34歳位の奥様です。

「私には、自由に好きな鯛焼きを

食べる自由もないのでしょうか?」

 

当時、15年位は、働かない専業主婦という

存在の方々が沢山いらっしゃいました。

いまでは、ガラパゴスと言われていますが。。

 

お話を伺ってみたところ、

終末土曜日にご主人のお母さまが、

遊びに見えたらしいのです。

 

その時に近所に美味しい鯛焼き屋さんがあるので、

彼女が買ってくることになったのです。

 

お姑さんはあんこがいいと。

ご主人も、あんこがいいと。

お嫁さんは、クリームが食べたい、

主張したらしいのです。

 

ところがご主人に、お前もあんこにしなさいと、

命令されたのです。

 

それで、好きな鯛焼きを食べる自由もないの?

 

悲しいことに泣きそうになっているわけです。

 

 

その時に、易が示してくれたのが、

地天泰の二こう、でした。

 

地天泰の泰が、鯛を暗示しております。

易はこういうことが、結構あります。

 

二こう、をひっくり返すと、離となり、

天火同人(てんかどうじん)=同じになる、

という卦になります。

 

私は泰と鯛が絶妙で、思わず笑ってしまったので、

キョトンとしていました。

 

私は、易が教えてくれたので、

ご主人の代弁をしました。

 

ご主人は、天下同人で同じ考え、同じ食べ物、

本当の家族になりたかったのよ。

子供の頃の食べ物は、その人の味覚を一生左右するの。

同じ食べ物を食べていると、似てくるし、

仲良くなるの。。。

 

「また、お母さまの前で、あなたに命令して、

威張って見せたかったのね。

裏に地火明夷という、傷つく意味があるので、

多分心配していると思うわよ。」

 

「もし、クリームが食べたければ、普段は一人なのだから、

買って食べたら良いでしょう。

小豆は、身体にも良いし、ダイエットにも良いのよ。」

 

彼女はにっこりしながら、帰りました。

案の定、ご主人とは仲良くなったそうです。

数年後、お会いした時に、鯛焼きの件で。。。

直ぐにわかり、お互いに笑い合いました。

 

これが、安泰な日常の中での出来事です。

毎日、働かなくては生活できない、

いまのお嫁さんと比べたら、極楽です。

でもその時は、当たり前でわかりません。

これが、地天泰のなかの悩みです。

 

コロナ禍で人と人がお茶して、お喋りできるのが、

幸せと気づくのと似ているのかもしれません。

 

地天泰(ちてんたい) ~人間関係~

友人も多く、ゆったりと安定している。

安定している、なめらかな交際が出来る。

副収入などがあるかも。

対人関係は、解決して真の友となる。

 

 

 

ABOUT US

akemiart絵描き
 文化服装学院ファッションデザイン科卒。20代の頃はファションデザイナー。和服からドレスを外国人に販売。   和服を提供したのが、パリに禅を広めた弟子丸大仙の親戚。海外の方がZenに興味を持っていることに驚く。1年西欧に滞在して哲学や宗教の大切さを痛感。  帰国し、電子式パイプオルガンの装飾などを手掛ける。音楽雑誌や新聞に紹介もされる。  結婚と同時に僧籍に入りました。密教、古神道、易の本筮法、九星、家相、手相、姓名学を学ぶ。    その後、病気を経験。  池袋メトロポリタンで、易カウンセラーとして、1万人の人生相談に乗る。  この頃、病気のお蔭で二度目の最愛の人と出会い、僧籍離脱 還俗しました。海外旅行をしながら絵を描き始める。  様々の画材で絵を描き始め、沢山の賞を頂く。  ドイツでは、ワインラベルとなって販売されている。  絵と詩のコラボも始め、自分も詩を書くようになり、メキシコでは、108人の世界の詩人たちと一緒に紹介されて本になる。