易からの言葉 12 天地否(tenntihi)  就職はいつ決まる?

 

<天の気が、遥かに遠くにある、閉塞感>

 

 

 

あなたが幾ら正しくとも、受け入れられない。

時を待つ。

否応なく、自分の内面を見つめさせられる。

春の前は冬。

冬は冬の楽しみがある。

春も冬も受け入れること。

自分の中の善も悪も受け入れる。

 

日常のなかでは、それほど悪くない。

能力があって、長くうまくいかない人は、

もうすぐに春。

イメージとしては、上手く行かない第一幕から

物事が動き出す、第二幕に移動。

 

*ただ、会社内とかは正しくない人たちが、

横行していたり、

正論が無視されたりする。

詐欺、陰謀、口車などには注意。

 

12、天地否(てんちひ)    就職はいつ決まる?

 

この方は、一流企業にお勤めでした。

実力も人格も備わっている方です。

会社統合の為に、退職することになりました。

次の会社を探すのに、1年間の猶予があるそうです。

もう半年近く過ぎたそうです。

良い会社と、巡り合えないそうです。

プライドがあるので、

余りレベルの低い会社は嫌らしいのです。

 

この時、この天地否(てんちひ)の四こうが示されました。

四こうには、「とも、さいわいにつかん」とあります。

 

「それで、知り合いか友人か、先輩とかが、

良い話を持ってくるでしょう!!

時期は、早ければ3か月位。

遅ければ、5,6か月。

幾つか、あるかもしれないです。」

 

そのように、申し上げました。

 

その後、実際にお話しが3か月後にあったそうです。

最初にお話しがあった日から、

1週間後にもう一件あり、

その一週間後にもう一件あったそうです。

 

縁なので、最初にお話しがあったところに

決定したそうです。

そして、全て知人の関係からのお話らしいです。

 

 

力はあっても、上手く行かないときがある、

そんなことを教えているのが、

天地否(てんちひ)というのは、

そんなことを教えてくれています。

 

確実に次が来るとわかっていたら、

焦りもしないのですが、

そうじゃないのが人生です。

世の中、社会というのも、天地否のときがありますね。

 

 

12、天地否(てんちひ) 恋愛&人間関係 易占 

 

 

この絵は、詩の挿絵です。

田舎から出てきた女の子が、

都会になじめずに一人ぼんやりしている状況です。

気持ちが通じ合わない、天地否のイメージです。

 

 

 ~恋愛~

カップルは気持ちが通じ合わないとき。

対話不足だったり、喧嘩になったりしやすい。

つまらないことから、言い争いになったり、

別れ話が出たりする。

低姿勢を心掛ける。

 

新しい出会いは、良くない人の場合もあるので、

落ち着いて、見極めること。

 

~人間関係~

 

一人疎外感を感じたるする。

話し合いが不十分で、争いが起きやすい。

お互いに意地を張らないようにして、時間が解決する。

対人トラブルは、低姿勢を心掛けて、やがて解決。

思わぬ出費があったりする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

akemiart絵描き
 文化服装学院ファッションデザイン科卒。20代の頃はファションデザイナー。和服からドレスを外国人に販売。   和服を提供したのが、パリに禅を広めた弟子丸大仙の親戚。海外の方がZenに興味を持っていることに驚く。1年西欧に滞在して哲学や宗教の大切さを痛感。  帰国し、電子式パイプオルガンの装飾などを手掛けました。音楽雑誌や新聞に紹介もされる。  結婚と同時に僧籍に入りました。密教、古神道、易の本筮法、九星、家相、手相、姓名学を学ぶ。    その後、病気を経験。  池袋メトロポリタンで、易カウンセラーとして、1万人の人生相談に乗る。  この頃、病気のお蔭で二度目の最愛の人と出会い、僧籍離脱 還俗しました。海外旅行をしながら絵を描き始める。  様々の画材で絵を描き始め、沢山の賞を頂く。  ドイツでは、ワインラベルとなって販売されている。  絵と詩のコラボも始め、自分も詩を書くようになり、メキシコでは、108人の世界の詩人たちと一緒に紹介されて本になる。