アクリル画 空気の精霊(コロナウイルスの浄化)聖書のことば

空気の精 シルフ   8F アクリル ビーズ 

アクリル画 空気の精霊(コロナウイルスの浄化)聖書のことば

 

         空気の精霊(The Spririt of sylph) 6F

 新型コロナウイルス騒ぎが始まってから、

  ずっと描いていた。

最初は空気の精霊だった。。

 

      東京から引っ越してきて、

       美しい空気には精霊がいると、感じる。。
      ギリシャ神話では、sylphという。。。
       智天使(ケルビム)ともいう。

絵を描きながら、なぜか悲しさが迫って来る。
コウモリを含めた野生動物たちの話を聞くと

彼らの思いを昇華したいと思う。

ポーリングでコラージュ。

海の生物たちも泣いている。。
海の生物たちの昇華も絵の中でする。

彼らが言葉を発したら、とても食べられない。
植物連鎖の頂点にいる人間。。
食べなくてはならない意味。。

武漢の空気がとても綺麗になっているとの、

NASAの報告。。

やはり、起こるべくして起こっている。。
昨日のNHKの5Gの中国の覇権問題。
世界は全て中国のものに。。
それを止めるために、米国との大戦争に。。。
ある意味、コロナの騒ぎで中止になった。

しかしながら、このコロナ発端の騒ぎは
現代文明を大きく変える。
いよいよ、全ての予言書通りに歴史が動き出す。。

            

               これから一見悲惨なことが起きるが、
          最後は絵のように虹がかかる。
             大丈夫。。安心。。安心。。

              何より大切なことは自分の心を、

         恐怖、不安から守ること。

               わたしも時々失敗する。。

             悪魔の狙いは、恐怖、不安を倍増し、
              人間性を破壊すること。

 

      聖書も仏典も同じことを言っている。。
聖書のことばから。

肉に住まわれる聖霊によって、守りなさい」
                    (新約テモテへの手紙 1-14)

              

            私たちの内にも、聖霊が住んでいる。。

            人間に生まれた深い意味。。

         何千年に一度の体験をしようとしている。。。
        そう思えば、この時代に生まれたことは偶然ではない。

ABOUT US

akemiart絵描き
 文化服装学院ファッションデザイン科卒。20代の頃はファションデザイナー。和服からドレスを外国人に販売。   和服を提供したのが、パリに禅を広めた弟子丸大仙の親戚。海外の方がZenに興味を持っていることに驚く。1年西欧に滞在して哲学や宗教の大切さを痛感。  帰国し、電子式パイプオルガンの装飾などを手掛ける。音楽雑誌や新聞に紹介もされる。  結婚と同時に僧籍に入りました。密教、古神道、易の本筮法、九星、家相、手相、姓名学を学ぶ。    その後、病気を経験。  池袋メトロポリタンで、易カウンセラーとして、1万人の人生相談に乗る。  この頃、病気のお蔭で二度目の最愛の人と出会い、僧籍離脱 還俗しました。海外旅行をしながら絵を描き始める。  様々の画材で絵を描き始め、沢山の賞を頂く。  ドイツでは、ワインラベルとなって販売されている。  絵と詩のコラボも始め、自分も詩を書くようになり、メキシコでは、108人の世界の詩人たちと一緒に紹介されて本になる。