サヘル ローズに捧ぐ 油絵 人生の応援歌

サヘル ローズに捧ぐ 油絵 人生の応援歌 自殺からの立ち直り

 

銀河から金の風 Wind of Gold from Galaxy  oil painting

 

 

サヘル ローズは、

イラン人でイランイラク戦争で600人の村が焼かれ、

その殆ど両親も亡くなり、彼女だけが奇跡的に助かりました。

そして孤児院に引き取られました。

 いまは日本で女優になり、世界的に活躍をしています。

人生の応援歌として、絵と共にfbにアップしたところ、

大変に反響を呼びましたので、

こちらにもアップします。

 孤児院はどこもそうですが、18歳になると出なくてはなりません。その後、犯罪に巻き込まれるか、犯罪者になるかの道しかないのです。

サヘルは幸運にも、イラン上流階級の独身女性の養女になることが出来ました。彼女は、サヘルを養女にする為に不妊手術までしました。子供が産める人は引き取れない、法律らしいのです。
偶然にも、この女性がサヘルを瓦礫の中から見つけた女性でした。

サヘルを引き取った為に親類家族に受け入れて貰えず、貧しい生活になりました。お母さんは、教授レベルの教育を受けた方でした。

 

イラン人の恋人が日本で柔道の見習いをしており、日本に来ることになりました。

当時、イランでは「おしん」が大ヒット。。

日本への憧れがあり、楽しみにしていたらしいです。

来日当初、サヘルは校長先生に直接日本語を教えてもらったり、とても可愛いがられました。

しかし狭い部屋で3人暮らし。恋人のお給料も充分ではなく、サヘルに暴力を振るうようになりました。

ついに、恋人はサヘルの母に、自分かサヘルを取るかを迫りました。

サヘルの母は、その夜からサヘルを連れて公園に野宿することになりました。お母さんは英語は話せても日本語が話せません。

二週間公園暮らし。。臭って来ます。
給食のおばさんが、異変に気付き事情を聞いて自分の家に招き入れました。彼女は、二人が日本で暮らせるように全ての手続きをしました。幸い娘さんが英語が堪能でした。30万位の必要経費を出してくれたのです。

その後、東京に引っ越します。

サヘルのお母さんは、不法移民の工場労働者です。誰もが自分の仕事を取られたくないので、手に焼きごてを当てられて、虐められました。しかし、サヘルには何も言わずに明るくしていたのでした。

ちょっとした事件があり、サヘルはとても貧乏だということが、クラス中に知れ渡りました。また当時イラン人の犯罪が急増したこともあり、激しい虐めに合いました。イラン人はいらんと、机に書かれました。

お母さんが少ないお金で買ってくれた靴を、片方ズタズタにされました。先生に相談すると、サヘルが悪いと言います。誰も助けてくれません。
「何故、私が悪いの?」

教室では無視です。

もう、死のうとサヘルは決意します。

この日は、母は仕事で遅い日。
家に戻ったら母がいて蹲っていました。

実は母もこの日、死のうと思ったのです。二人は相手を思い、明るくしていました。一通り話して、一緒に死のうということになりました。

最後に抱き合い、母の痩せた細い身体を感じた、その瞬間、サヘルは神を感じたそうです。

❤️私は自分の苦しみしか、考えてなかった。痩せた母は、バスタのみしか食べてなかった。私には給食があった。私の為に母は、家族からも追われた。不妊手術のことも知らなかった。私はこの人を幸せにしなくてはいけない。❤️

それから、サヘルは別人になりました。
結局、いまは女優として活躍して、イランの施設にも行きます。
自分を虐めた子供達は誤って来たそうです。

サヘルは最後に、日本は平和、それはとんでもなく凄い奇跡だから、子供達に自殺だけはしないで、と締め括りました。

*********************

 

サヘル ローズ からの励まし まとめ

 

 

イランの孤児院ではみんなが助け合ったそうです。

彼女が引き取られた時にも、みんなが喜んでくれたそうです。

残された子供達は、明日どうなるか、分からないのにです。

 

サヘルは、話が上手くて私はもちろん、側で主人も涙ぐんでいました。

社会はいつの時代も色々な意味で、上下があります。

 

私は自分の周りの人には、絶対に優しくする、

お金があるなしで人を判断しない、と強く思った瞬間でした。

 

給食で飢えを凌いでいる子供達がこの平和な日本に、

7人に1人います。

当然貧しいので虐めの対象になります。

私が自粛を慎重にやるべきと何度も投稿しているのは、

こういう子供達が飢えるからです。

 

全国民の衣食住を保証することに努力するのが、

政治家と言う名前に相応しい人です。

その志が無い人は、単なる利権屋です。

 

私は日本人は、サヘルの母に似ていると感じました。

黙って耐え忍ぶ。そして自殺を選ぼうとする。

いま、世界が極まっています。
そろそろ、サヘルのように銀河から、

金の風が吹いても良い頃です。

 

今日は金環日食です。
また宇宙では惑星が一列にならんでいる、珍しい時節が到来しています。

希望を持ちましょう。

ABOUT US

akemiart絵描き
 文化服装学院ファッションデザイン科卒。20代の頃はファションデザイナー。和服からドレスを外国人に販売。   和服を提供したのが、パリに禅を広めた弟子丸大仙の親戚。海外の方がZenに興味を持っていることに驚く。1年西欧に滞在して哲学や宗教の大切さを痛感。  帰国し、電子式パイプオルガンの装飾などを手掛ける。音楽雑誌や新聞に紹介もされる。  結婚と同時に僧籍に入りました。密教、古神道、易の本筮法、九星、家相、手相、姓名学を学ぶ。    その後、病気を経験。  池袋メトロポリタンで、易カウンセラーとして、1万人の人生相談に乗る。  この頃、病気のお蔭で二度目の最愛の人と出会い、僧籍離脱 還俗しました。海外旅行をしながら絵を描き始める。  様々の画材で絵を描き始め、沢山の賞を頂く。  ドイツでは、ワインラベルとなって販売されている。  絵と詩のコラボも始め、自分も詩を書くようになり、メキシコでは、108人の世界の詩人たちと一緒に紹介されて本になる。