1戦火の少女 反戦の詩と絵 2 Praying Hiroshima 

F0 キャンバス、アクリル、油絵、金箔、銀箔

反戦シリーズ 1・戦火の少女 詩と絵

 

この絵は、友田いさお氏のオマージュです。

 丁度、昨年の今頃に他界されました。

ご冥福をお祈り致します。

 

 

このコロナ禍でも、内戦や戦争で、

家族や命を失っている子供たちがいます。

もう余り、気にもかけて貰えません。

 

  もし、彼らがこれを看てくれるなら、

少しでも希望を与えたいのです。

 

 もし、命が尽きるとしても、

純粋無垢なあなたちは、

天使が迎えにきてくれることを。。。

 

  永遠に終わらない魂のなかでは、絶望の先には、

大いなる輝きが待っていることを。。。

 

 

F0 キャンバス、アクリル、油絵、金箔、銀箔

 

戦火の少女
少女は三つのものを、
こよなく愛した。
父と母。
誕生日祝いのお人形。
空を飛ぶ鳥
戦いの炎が、
大好きな父と母を一瞬にして灰にした。
お人形もバラバラになった。
赤い炎のなかで、
少女の最期の瞳に映ったもの。
空を飛ぶ大きな金色の鳥。
父と母は青い鳥になって空を飛んでいた。
少女は、天使に抱えられて空を昇っていった。
The Girl in the Fire of War
The girl
loved three things; sooo much..
Daddy and Mammy
Doll of birthday.
A bird that flies in the sky
The flames of battle
Her beloved parents were burned to ashes in an instant.
The doll fell apart.
In the red flame,
This was reflected in the girl’s final eyes.
A large golden bird that flies in the sky.
Daddy and Mammy were flying in the sky as blue birds.
The girl was carried up the sky by an angel.

反戦シリーズ 2、  Praying  Hiroshima  メキシコの雑誌に掲載

こちらも、私の反戦の絵と詩です。
             メキシコの方は、100人の世界の詩人に選んで
 下さり、本に掲載されたようです。
原爆を落とした戦闘機に乗っていたパイロットの事は、
知らない人も多いと思いますので紹介します。
戦争は殺された方はもちろん、殺した側も苦しむということです。。。
I think that there are many people who do not know about the pilot who was on the fighter plane that dropped the atomic bomb, so I will introduce it. War is to suffer as well as the side to be killed as well as the side that killed. . .

 

 

Praying  Hiroshima

1945 8 6 8:15

原爆は悪魔。
キノコ雲は悪魔の息子。
その悪魔の子供さえも泣いている
悲し過ぎて…
核の雨。。。

原爆を落としたヒーローのパイロット…
彼は何を見たの?

死体、死体、死体…
燃けただれた死体の山
死体の下から叫び声

悪夢にうなされる日々。
彼は言った
原爆投下は間違いだった

彼は精神病院に入院させられた
人間は良心を持っている
彼の良心が許さなかった

彼は哲学者ギュンダー・アンダーズに手紙を残した。
彼はその手紙の開示を望んでいた
彼のみが知っている真実を明らかにしてほしい。

彼は聞いた
広島の廃墟の下から
平和を求めて、泣き叫ぶ声

パイロットは自分自身を責め続けた
哲学者のガンダーアンダーズは
調査するために日本に来た…

調査した哲学者は、
パイロットに言った…
すべての日本人はあなたを憎んではいない。

パイロットは死ぬまで「ノーモア ヒロシマ」を言い続けた。
彼は真の英雄となった。

*************************************
2018年
その後日本は平和だった。
戦争経験者は亡くなっている。
世界は非常に危険な状態。

国の利益は重要。

しかし、武器は何を使っても良いのか?

相手を追い詰めずに、共存する方法はないのか?

追い詰められた国は核爆弾を使用する。
原子力発電所は世界中にある。
それは核兵器と同じ。

第一次世界大戦… 1914
第二次世界大戦… 1939
第三次世界大戦…は、いつでも起こりえる。

もう一度思い出して。
繰り返したくない..。
広島の悲劇
鶴に平和の願いをこめて
広島の悲劇の廃墟で叫び声をあげていた方々の思いと共に。

1945 8 6 8:15

The atomic bomb is a devil
Mushroom clouds are devil’s sons
Even the devil’s child is crying

Sadly…
Nuclear rains

The hero pilot…
What did he see?

 

Cadavers cadavers cadavers…
Burned corpse
Screaming underneath

 

Nightmare
He said
Big mistake….dropping the atomic bomb

 

He was put into a mental hospital
Humans have consience
His conscience asked

 

He left the letter the philosopher Günder Anders.
He hoped for disclosure
Revealing the truth only he knows

He heard
From under the ruins of Hiroshima
Seeking peace while crying
The voice shouting

 

The pilot kept on blaming himself
The philosopher Gunder Anders.
He came to Japan to survey…

 

Later…
He said to pilot…
Every Japanese does not hate you or anyone.
No More Hiroshima until Death.
He became a true hero then.

************************************
2018 now
Japan was peaceful afterwards.
A war experiencer is dying
The world is in a very dangerous state.

The interests of the country are important.
Okay.. what about war victims
What can we do?

Is there no way to coexist, without hunting down ?
The chased country use nuclear bombs.
There are plenty of nuclear power plants.
They were nuclear weapons.

First World War…1914
Second World War…1939
Third world war…. can occur at any time..

Remember once more
Never to be repeat…..
The tragedy in Hiroshima
Praying crane,and peace birds
Ruins of Hiroshima crying with us.

ABOUT US

akemiart絵描き
 文化服装学院ファッションデザイン科卒。20代の頃はファションデザイナー。和服からドレスを外国人に販売。   和服を提供したのが、パリに禅を広めた弟子丸大仙の親戚。海外の方がZenに興味を持っていることに驚く。1年西欧に滞在して哲学や宗教の大切さを痛感。  帰国し、電子式パイプオルガンの装飾などを手掛ける。音楽雑誌や新聞に紹介もされる。  結婚と同時に僧籍に入りました。密教、古神道、易の本筮法、九星、家相、手相、姓名学を学ぶ。    その後、病気を経験。  池袋メトロポリタンで、易カウンセラーとして、1万人の人生相談に乗る。  この頃、病気のお蔭で二度目の最愛の人と出会い、僧籍離脱 還俗しました。海外旅行をしながら絵を描き始める。  様々の画材で絵を描き始め、沢山の賞を頂く。  ドイツでは、ワインラベルとなって販売されている。  絵と詩のコラボも始め、自分も詩を書くようになり、メキシコでは、108人の世界の詩人たちと一緒に紹介されて本になる。