易からの言葉 2坤為地(koniti)  多額の保証金20億が入ってしまった 

易からの言葉 2、坤為地(koniti)  占い タロット 老子

 

易経を、日常に役立てて頂きたいと思います。

本文は漢文ですが、割愛して分かりやすく

日常生活でタロットのようにカードを引いてください。

 

偶々、手に取ったところが、あなたへの言葉です。

64卦が終わる頃には、易の奥深い思考が身についてきます。

人生が焦らなくなります。

 

 

 

易からのあなたへの言葉 2、坤為地(koniti) 易占い

  

地と地が重なります。

  地は陰。

            

 

 

                  

                 <愛の無思考 >

 

   ・地面・地球は私たちを支えてくれています。

   でも主張しません。

  ・お母さんも、子供を無償の愛で育てます。

表舞台には立ちませんが、

秘めやかな喜びがあります。

・先頭に立つのではなく、

従っていくことで、

学べるときです。

 

・人への世話、またその苦労もあるとき。

迷いも多いときです。

             ・イジイジと考え込みがちです。

 

・尊敬できる人に相談すべきです。

・仕事などは、信頼できる上司に

指示を受けてください。

 

キーワードは、

 縁の下の力持ちです。

 

 

*豆知識*

・女性の化粧品「資生堂」は、易経の

 「至れるかな坤元、万物資りて生ず。

               すなわち順にして、天を承く」

から由来しています。

また、「順天堂大学」順天

ここ坤為地に、由来しています。

 

 坤為地(こんいち) 多額の保証金20億が入ってしまった

 

 

この絵は、時の女神です。

 

********

「自分の運命って何?

(夫が突然事故で亡くなり、

多額の保険金が入ってしまった)」

 

ある30代後半の相談者Sさん

 普段はNYに住んでいるそうです。

いま、里帰りで日本に帰国中です。

 

 

「自分の運命は、何なの?」

そんなご相談なのです。

 

結婚して、10年夫とNYに住んでいました。

夫はカメラマンでした。

工事中の橋の側を歩いていて、

上から鉄が落ちてきて落下してきました。

夫は即死でした。

 

 

何が何だか、わからない。。。。

怒涛のような日々が過ぎ去りました。

 

 

一応、保証金が沢山おりました。

一生、遊んで暮らせるお金です。

 

 

ただ、そのことで回りから色々言われて、

傷ついています。

 

そして、統計的にも急に多額のお金が入ると、

無くしたり、不幸になる方が多いので、

心配とのことでした。

 

 

易からの言葉は

坤為地(こんいち)二こう、でした。

 

坤為地は本来、何もない意味です。

二こうは、

「直、方、大。習わざれども、よろしかざるなり」

 

 

何もないところに、入ってきたお金。

それはそれで良い。

裏に坎(水)があるので、悩み、悲しみが

含まれています。

 

 

「直、方、大。」とあるので、

これからの人生を素直に、きっちりと、

大きな気持ちで生きていくことが

示されています。

 

人間の幸せのバランスは、

三つになっていると

言われています。

「愛情(家族)・金運・健康」

 

 

極端にお金が入ってくると、

このバランスが崩れて、

家族が健康を崩したりとか、

あるようです。

 

後、ペットが亡くなってしまうとか。。

宝くじが当たった人のその後の運勢が良くない、

とか言われています。

 

 

そこで、私は、

ある程度の寄付も良いと思いますよ。

思い切って、3分の1位。

お金で善行を積むのです。

 

 

お金があることを、他人に悟られないように、

今まで通りのある意味、

普通に生活することです。

これを守って生活したら、

きっとまた素晴らしい出会いがあるでしょう。。。

 

坤為地には質素な意味があります。

 ただ、それは難しいので、

学ぶことが良いですね。

 

 

裏に地水師があるので、

素晴らしい才能が潜在しています。

 

 

ここまで言うのは、知人に財産があるゆえに、

命を落とした人がいるからです。

 

このお話は、20、風地観で書きますね。

 

 

その方は、肩の荷を下ろしたように、

ほっとした様子で帰って行かれました。

 

 

やはり、自分に禍が降りかかるのではと、

心配していたようです。

 

急に何十億のお金が入ってきたら、

びっくりですよね。。。

 

 

 

   易 ~胡蝶蘭ボサツさまからのメッセージ~ 人間関係

 

 

この絵は、日本を代表する日本画家の

笹本正明先生から習った絵の描き方です。

 

ミューシャのような、ボサツさまです。

 

 

・気持ちがイジイジしたとき、

不安な時、イライラした時、

目を閉じて、

ピンクの光が地面から

沸き上がってくるイメージを持ちなさい。

 

 

 

        母なる地球は、人間の声を聞いています。

支えてくれていることに、そっと

”ありがとう”を言ってみましょう!!

 

 

  ・ボサツ様一番苦しい人、貧しい人、

大変な人にも、

寄りそう存在なのです。

 

・「安心、安心」 

・「直・方・大」

・まっすぐに!

・ 素直に!

  ・気持ちを大きく!

 

・自然に時間の中で、

物事は為されていく。

 

・これは、老子という偉大な人物の

「無」の思想の一つなのです。

 

 

~人間関係~

・悪くはない

・親切や他人の世話をし過ぎて、

他人の問題を抱え込む。

・他人のことは、ほどほどに。

 

・雑事に追われて、忙しく、自分の時間が持ちにくい。

・大人関係はウジウジしがちなので、

余り考えないようにする。

 

・ケチになりがちなので、注意。

・自分を客観視できると、悪い癖は直せる。

 

 

 

 

        易 ヘルマンヘッセと老子

 

特に後半は、老子の思想そのままです。

 

ヘルマン ヘッセの詩

陶酔

酔いしれた夜の中で

森と遠方が私の方にからだを曲げる 

私は青空と冷たい星と 

夢の傷ついた華麗さを呼吸する 

おお、そうすると、酔った世界が 

女のように私の胸に横たわり、

うっとりとした苦痛のうちにあかあかと燃え、

その叫びは、かん高く眩惑させる。

遥か遠い深みから来る 

けものの呻きと羽ばたき、

海辺で過ごした青春時代の 

跡形もなくなった日々の余韻、

生贄の叫びと人間の血、

火あぶりの死と修道院の僧房、

すべては私の血の波、

すべては神聖で、良い! 

何物も外になく、何物も内に泣く、

何物も下になく、何物も上になく、

すべての固いものは消滅しようとし、

全ての限界は飛散した。

星は私の胸の内をめぐり、

ため息は空に没し、

すべての生命の心と喜びが 

一層うっとりと燃え、一層に輝く。

あらゆる陶酔が私には好ましく、

私はあらゆる苦痛に胸を開き、

祈りつつ流れ込み、

世界の心臓にひきいれられる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

akemiart絵描き
 文化服装学院ファッションデザイン科卒。20代の頃はファションデザイナー。和服からドレスを外国人に販売。   和服を提供したのが、パリに禅を広めた弟子丸大仙の親戚。海外の方がZenに興味を持っていることに驚く。1年西欧に滞在して哲学や宗教の大切さを痛感。  帰国し、電子式パイプオルガンの装飾などを手掛ける。音楽雑誌や新聞に紹介もされる。  結婚と同時に僧籍に入りました。密教、古神道、易の本筮法、九星、家相、手相、姓名学を学ぶ。    その後、病気を経験。  池袋メトロポリタンで、易カウンセラーとして、1万人の人生相談に乗る。  この頃、病気のお蔭で二度目の最愛の人と出会い、僧籍離脱 還俗しました。海外旅行をしながら絵を描き始める。  様々の画材で絵を描き始め、沢山の賞を頂く。  ドイツでは、ワインラベルとなって販売されている。  絵と詩のコラボも始め、自分も詩を書くようになり、メキシコでは、108人の世界の詩人たちと一緒に紹介されて本になる。