株価を占う(5月27日~6月30日)易経

    易経、株価、日経平均を占う(5月27日~6月30日)

絵は、「女神の祝福」です。

コロナショックで、3月は大幅に値を下げました。

首相も、大恐慌になるとの発言をなさいました。

私も大恐慌の心配をしています。

個人的には株はやらないのですが、とても気になるので占ってみました。

株はとても難しいのですが。。余興だと思って下さいね。

もし、上手く当たって儲かったら、周りの方々を助けて下さい。

女神の祝福がありますように。。

    易占い、日経平均株価の成り行き(5月27日~6月30日)

 

ビーナスのラベルのビンをえがいていたら、
ビーナスのハートが降りてきた

        正確には、5月26日に占いました。

今回は中筮法でやってみました。

              ー -   ---   ---乾 

---   ーーー  ---艮

              ---    ---  ---艮

              - -    - -  - -巽

              - -    - -  ー -巽

              ---    ---  - -坤

 

得卦は、上から乾・艮・艮・巽・巽・坤です。

二つの卦が変化します。

天地否(てんちひ)

天雷ムモウ(てんらいむもう)

 沢雷隋(たくらいずい)

 

*天地否は、塞がって通じない意味です。

株は特殊な見方をします。

今現在が高ければ、下落します。

低ければ、先行きは高騰します。

また、上がる株と下がる株が極端な状態です。

もちろん、常識でわかることですが、マスクや生活必需品、

食料関係は値上がりするでしょう。

逆に、衣料とか生活必需品以外のものは、値下がりするでしょう。

3月は、16000円台までさがりましたので、

昨日の時点で下がると判断しました。

一時、朝方は下がり21000円台になりました。

また、変化し、天雷むもうとなります。

天雷ムモウは、天地否に一陽が入った卦です。

一時的に上がる可能性があります。

ただ、天雷ムモウは、騰勢の機運はあるものの、

天井を打てば、暴落となります。

そして、沢雷隋(たくらいずい)と変化します。

沢雷隋は、時に従う意味で、勢いのない卦です。

しばらく、低迷相場ですが、また再上昇の機運があります。

 

     易占い、株価(5月27日~6月30日)まとめ

 5月一杯は少し下げては、また上げてを繰り返しながら、

         6月に入り、ある程度上がって、また暴落の可能性が大きいです。

また、銘柄によって、極端に上げと下げが激しいです。

いまは、値動きが荒いので、物凄く暴落の場合は、

超暴落という言葉を使います。

         その低迷状態から中旬以降、

後半位にまた上昇すると判断します。

当たると良いのですが。。

            易経の歴史・孔子

「易経」は、「詩」「書」「礼」「春秋」と合わせて、

           五経と言われた、儒教の経書の一つです。

今から、約6000年前、石器時代の後期、中国の帝王伏犠によって

始められたと伝えられています。

古代中国は、易によって国を治めていたと云われています。

 

今から、3500年程前、殷(いん)の末期の文王(周国の君主)が

殷を倒し、現代の易を作ったと言われています。

文王に武王、武王、周公旦という子がいました。

文王は殷を倒し、武王や周公は周王朝を作り、

          父の志を継ぎ、易を完成させました。

 

殷の悪名高い、「紂王」という王様がいます。

「酒池肉林」という言葉もこの時代に作られました。

 「妲己」(だっき)という悪女に唆されて、

         拷問や放蕩、暴政の限りを尽くします。

お酒をたっぷりと入れた、巨大な池に裸の男女を

入れて、昼から楽しんだのです。。

また、妲己が妊婦のお腹の子の、性別を当てるという

遊びがあり、本当に当たっているか、

どうかを調べる為に、妊婦のお腹を割いたとか。。。

考えられない、傍若無人、悪行の限りを尽くしたのです。。

 

太公望という名前の軍師もこの頃に出て来ます。

殷を倒す、文王の軍師が太公望です。。

太公望は、釣りをしながら、天下を正す人物を探しています。

紂王の暴政が酷いので、終に、文王が太公望を軍師として迎え、

         殷を倒します。

 

この時、紂王との闘いで、太公望は、名を呂尚と改めます。

紂王の関所を次から次へと破っていきます。

その時に、関所を守っている城の城主から、

紂王に応援の軍隊を要請するのですが、

何と、その使者を「妲己」の悪知恵に唆されて、

        首を刎ねて、殺してしまうのです。。

怖いですね。~~~

 

今から、紀元前500年位前に、孔子が現れます。

孔子が、この占いの易に思想を加えて、「易経」として

完成させます。

 

そして、漢代から清代に至る2000年(前2世紀ー19世紀)の間、

         キリスト教国のバイブルのような、権威を保ちました。

 

日本の歴史は、また次回に書きますね。

          

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

akemiart絵描き
 文化服装学院ファッションデザイン科卒。20代の頃はファションデザイナー。和服からドレスを外国人に販売。   和服を提供したのが、パリに禅を広めた弟子丸大仙の親戚。海外の方がZenに興味を持っていることに驚く。1年西欧に滞在して哲学や宗教の大切さを痛感。  帰国し、電子式パイプオルガンの装飾などを手掛けました。音楽雑誌や新聞に紹介もされる。  結婚と同時に僧籍に入りました。密教、古神道、易の本筮法、九星、家相、手相、姓名学を学ぶ。    その後、病気を経験。  池袋メトロポリタンで、易カウンセラーとして、1万人の人生相談に乗る。  この頃、病気のお蔭で二度目の最愛の人と出会い、僧籍離脱 還俗しました。海外旅行をしながら絵を描き始める。  様々の画材で絵を描き始め、沢山の賞を頂く。  ドイツでは、ワインラベルとなって販売されている。  絵と詩のコラボも始め、自分も詩を書くようになり、メキシコでは、108人の世界の詩人たちと一緒に紹介されて本になる。