透明水彩 初心者にもわかるにじみ これで透明水彩は難しくない。

こんにちわ。

前回は、水彩絵の具の道具、筆、絵具、

 特に紙は重要ですと、お話しました。

    これだけ分かれば、次に進めます。

紙の水張りのやり方は以下の記事です。

水彩画 水張りの方法

   今日は、水彩絵の具というくらいですから、

水の重要性、

水がなければ始まらない。

その点を、画像を交えてお話します。

またこれが分かると、水彩絵の具の面白さ、

水彩ならではの表現。

これは、アクリル絵の具にも使えます。

そして、ついには、

自分独自の表現方法もできます。

水彩絵の具は無限の可能性を

秘めた絵具です。

将来、自分独自の表現方法発掘の今日は

第一歩です。

1、水彩紙を水でぬらす、にじみの作り方

画像の左側は水で濡らさない、

右は水で濡らしています。

水で濡らした方に絵具を筆で置くと、

右の方ににじんでいきます。

左の方には、全く絵具が流れません。

こういうのを利用すると、

ガラスなどの表現が出来ます。

そのぬれている途中の緑の

ビリジャンヒューの上に

赤い色、ローズマダーを置いてみます。

そうすると、微妙に混じりあい、

何とも言えない

美しい色合いが生まれます。(2)

これを、ウエット イン ウエットと呼びます。

そして、時間が経つと絵具が乾いてきます。

その上に、先ほどのローズマダーを置いてみます。

それが画像の(1)です。

今度は、もっとローズマダーが

はっきりとした色合いですね。

これは、これで美しい色です。

このローズマダーの下に、

ビリジャンが透けて見えますね。

これが美しいのです。

この重なりが美しいのが、

透明水彩なのです。。。

不透明水彩、ガッシュは

下の色を消してしまいます。

これがわかってないと、

透明水彩を使っていながら、

本当の透明水彩の美しさを知らないで

描いていて、もったいないと思います。

水彩教室に通った時に、

いきなり、「さあ、描きなさい、、」と

私も言われました。

後は、先生のデモを真似て。。。

でもこの透明水彩の一番大切なところを

教えてくれないので、

初心者は何がなんだかわかりません。

難しい!!と。。

私の水墨画の友人は、3年経ってのに、

いまだに描けません。

そのまた知人の方も、スクールに行って、

お金をかけても

いまだにこの理屈を理解していません。。

これがわかったら、

このようにして自分の絵具の組み合わせを

作ってみると良いです。

そうすると、絵を描く前に、

色の組み立てが出来ます。

是非、やってみてくださいね。

色の美しさにうっとりしてしまい、

透明水彩が大好きになってしまいます。

そうしていると、

その内に色が話かけてくるようになりますよ。

2、水彩のにじみの広がり方

次は、青系のプルシャンブルーを

塗ってみます。

ちょっと濃いめの絵具で水を上に置いたのが、

Aです。

もう少し、薄目のプルシャンブルーの上に

水を筆で置いたのが、Bです。

水が全方向に広がっていきます。

下の方は完全に乾く、

手前に水を筆で置いてみました。

これはこれでとても面白いです。

例えば、こういう表現は

雪などにも使えますね。

問題は水を落としたときに、ど

こで止めるかです。

ずっとほっとくと、

下の画像になってしまいます。

上の画像のように、

丸い雰囲気で止めておきたいな!!

と思ったら、そこでほっとかないで、

ドライヤーで乾かしてしまいます。

ですから、ある意味、

ドライヤーは必需品なのです。

Bも最初は、もっと円に近いにじみでした。

最後まで、ほっといたら、

こんな形になりました。

3、水彩のにじみを利用した作品

 

 

私はこのにじみで

この作品を作りました。

こちらは、版画用紙に墨で描いたものです。

墨も和紙ではなく、水彩紙に描くと、

こんな面白い表現も出来ます。

下の海の部分に、

乾く少し前に手で一気に水を投げ込みました。

これは、結構ストレス発散になります。

水墨画も難しいと言われて、

嫌になる方もいるらしいですが、

こういう描き方や水彩紙を

利用すると面白いです。

4、水彩のにじみに塩を利用する

 

 

これは難しくないです。

水の吸湿性のメカニズムを利用するだけです。

これは苔とかの表現に良いです。

重要な点は、

少し絵具を濃いめにすることかなと思います。

今回は、紙はストラスモア紙を使いました。

5、透明水彩に塩を入れて作った私の作品の解説

 

今回、画像に使った作品は、

シチリアに行ったときに出会ったうさぎです。

ウサギの下の草に塩を入れています。

その塩の効果で、他とは違った雰囲気になって、

作品全体が引き締まります。

夕日は写真では白いですが、実際は黄色です。

夕日は色を重ねて描きます。

それは、また詳しく書きますね。

また、ウサギや花にはパステルも入っています。

これもまた、別の機会に入れる

コツを方を教えますね。

パステルを覚えると、失敗作が無くなります。

今回は、水彩画で最も大切なにじみのお話でした。

このにじみ方は、紙によっても違います。

今回、使った紙はストラスモア紙です。

アルシュとかは、もっとにじみます。

また、下地の色の濃さによっても違います。

自分と自然のよる

コラボレーションの作品は無限大です。

是非、あなただけのオリジナルの

水彩画を楽しんでくださいね。

次回はにじみを利用した

絵の構図を考えていきましょう。

これは、絵にとってもっとも大切な想像力を

活性化してくれます。

ABOUT US

akemiart絵描き
 文化服装学院ファッションデザイン科卒。20代の頃はファションデザイナー。和服からドレスを外国人に販売。   和服を提供したのが、パリに禅を広めた弟子丸大仙の親戚。海外の方がZenに興味を持っていることに驚く。1年西欧に滞在して哲学や宗教の大切さを痛感。  帰国し、電子式パイプオルガンの装飾などを手掛ける。音楽雑誌や新聞に紹介もされる。  結婚と同時に僧籍に入りました。密教、古神道、易の本筮法、九星、家相、手相、姓名学を学ぶ。    その後、病気を経験。  池袋メトロポリタンで、易カウンセラーとして、1万人の人生相談に乗る。  この頃、病気のお蔭で二度目の最愛の人と出会い、僧籍離脱 還俗しました。海外旅行をしながら絵を描き始める。  様々の画材で絵を描き始め、沢山の賞を頂く。  ドイツでは、ワインラベルとなって販売されている。  絵と詩のコラボも始め、自分も詩を書くようになり、メキシコでは、108人の世界の詩人たちと一緒に紹介されて本になる。