透明水彩、重ね塗りのやり方、薔薇の花

こんにちわ。

       前回はにじみがどのようにしてできるか、

   水の散り具合をどこで止めるか。

     止めるときは、ドライヤーを使うことなどを学びました。

濡れているときに別の色を置いたとき、

完全に乾いていから、別の色を置いたときの

色の違いも驚きましたね。

実際に実験をしてみたでしょうか?

まだの方は、是非やってみてくださいね。

     今回は、薔薇のちょっと面白い、

デザインされたような、

      アートぽい描き方をご紹介しますね。

透明水彩の色を重ねたときの美しさも

ご紹介します..

1、透明水彩 下書き 線 簡単トレース

 

 

今回は、こちらを描いていきます。

途中の画像の色が綺麗に出なくて、ごめんなさい。

実際のお色はこの画像よりも綺麗です。

最初に、鉛筆で下書きをします。

実際の花を見て書いても良いですが、

最初は美しい形をトレースした方が良いと思います。

画材屋さんには、水をかけたら消える

複写用紙も売っています。

一枚、400円前後です。

しかし、この程度でしたら、

デザインしたもの、もしくは写し取ったものの紙の裏に

濃いめの鉛筆で塗っていきます。

コピー用紙なんかで充分です。

画像のような感じです。

最後にティッシュペーパーでならしてください。

画像のような感じですね。

そうしたら、水彩紙に鉛筆を塗った面を下にして、

赤いボールペンで線をなぞっていきます。

黒いペンだと、どこまで描いたかが判別しにくいです。

これが経済的で一番良い方法かと思います。

線が消えてしまう複写用紙の場合、

消えてしまって困ることもあります。。

消えない複写用紙だと、

後で困ったりすることもあります。

鉛筆だと後で消すこともできます。

2、透明水彩 下書きへ、色水を塗る

 

 

薔薇の右下を中心に、

パーマネントイエローレモンを塗っていきます。

ほとんど、ホルベリンです。

それほど、濃くないです。

最初薄めで、塗ってみて薄いかな?と

思ったら、少し濃くしてみてください。

画像の状態です。

そして、

ここが大切です。

濡れているうちに、薄いオペラ

なければピンク系、

ローズマダーに白をほんの少し入れても良いです。

左側の薔薇の花びらに入れていきます。

そして、乾かない内にローズマダーの薄めの色を

塗っていきます。

前に入れたイエローレモンの上にも

色を載せていきます。

画像のような感じになりました。

ここで大切なことがあります。

しっかりと乾かすことです。。

時間がない時は、ドライヤーを使います。

それと、お花の真ん中だけは、

白く残しておきましょう。。

3、透明水彩 おすすめ 重ね塗り

 

 

 

今度は、強い色、ローズマダーを

左のオペラの部分を除いた

花びらに塗っていきます。

この辺から、実際の色と写真が違ってきてますので、

上の画像の色合いです。。

画像のような感じです。

そして、現代絵画風にするために、

花びらの先の方を筆で引っ張って、

好きに模様を作ってください。

画像の感じです。

そしてある程度、乾いたら、

お花の中心と右の花びらの部分を暗くします。

ローズマダーにミネラルバイオレットを混ぜます。

半乾きなので、自然になじむはずです。

少し、はみ出ても、返って薔薇らしくなります。

画像のような感じになりますが、

画像は暗すぎて

本当に色が出ていません。

乾くと、水彩絵の具はどうしても薄くなります。

ホルベリンの18色では、

どうしてもお花の赤は物足りないのです。

乾いて、出来上がった絵をみると、

なんか、暗い感じがします。。

ここでは、先ほど使ったオペラを薄く溶きます。

結構、たっぷり目に溶いてください。

このオペラを全体にかけた画像です。

画像が悪くて色が出ておらず、ごめんなさい。

なんとなく、明るく、趣のある色味になります。

オペラだけだと、明るすぎて蛍光カラーのように

なってしまいます。

また、オペラという色は、耐光性が弱い色です。

こういう使い方をすると、しっくりとして、

後々も変化が少ないです。

また、透明水彩といっても、実際は全部が透明度が

高いものばかりではないです。

絵としては、両方の要素があった方が

素敵に感じます。

4、透明水彩 着彩 微調整

 

 

さあ、ここまで来たら、後もう一歩。

透明水彩は、あまり手数を入れない方が綺麗なのです。

それで、余り手数を入れないという先生もいます。

その辺は、見解がいろいろで良いです。

ただ、絵としてどこまで完成度を高めるか、

その辺も重要と思います。

例えば、挿絵とかは、あっさりと。。。

水墨画みたいに、ざっくりも良いです。。

作品としてみたい場合、タブローといいますが、

その辺が最後の一筆が重要になります。

また、入れすぎもダメで返って作品を

ダメにしてしまうこともあります。

絵はそこの見極めが難しいです。。

私はもっとオペラを強くして、

部分的に筆をいれました。

もっと、立体感が出たように思います。

お花の中心部分は、

ローズマダーを濃くして筆を入れます。

また、ここ少し明るくしたと思ったら、

固めの平筆で水をつけて取ります。

ティッシュにその筆をぬぐいます。

何日も時間が経つと、取ることは出来ません。

一日位なら大丈夫です。

海の波なども、このようにして描いたりします。

最後に、花の中心は白い点で、塗り残しています。

ここが一番明るいのです。

後、うっすらと明るくするために、花びらにそって、

白のガッシュで細く線書きします。

これで、本当は完成なのですが、

ちょっと遊び心が起きて

右にイエローの光を入れたのです。

5、透明水彩 薔薇の描き方 まとめ

さて、出来上がりはいかがでしたか?

今回の薔薇はちょっと存在感の

ある色合いと構図です。

そして、色を重ねて描くことを学びました。

私はこの絵に、

自分のイメージで絵作りをするつもりです。

それもまた、描き方をレクチャーしましょう。

楽しみにしていて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

akemiart絵描き
 文化服装学院ファッションデザイン科卒。20代の頃はファションデザイナー。和服からドレスを外国人に販売。   和服を提供したのが、パリに禅を広めた弟子丸大仙の親戚。海外の方がZenに興味を持っていることに驚く。1年西欧に滞在して哲学や宗教の大切さを痛感。  帰国し、電子式パイプオルガンの装飾などを手掛けました。音楽雑誌や新聞に紹介もされる。  結婚と同時に僧籍に入りました。密教、古神道、易の本筮法、九星、家相、手相、姓名学を学ぶ。    その後、病気を経験。  池袋メトロポリタンで、易カウンセラーとして、1万人の人生相談に乗る。  この頃、病気のお蔭で二度目の最愛の人と出会い、僧籍離脱 還俗しました。海外旅行をしながら絵を描き始める。  様々の画材で絵を描き始め、沢山の賞を頂く。  ドイツでは、ワインラベルとなって販売されている。  絵と詩のコラボも始め、自分も詩を書くようになり、メキシコでは、108人の世界の詩人たちと一緒に紹介されて本になる。