個展開催のお知らせ 銀座 長谷川画廊

12月1日(火曜日)から6日(日曜)まで、

銀座長谷川画廊さんで、個展を開催致します。

 

コロナ禍でとても心配なのですが、
ご高覧賜わりますようにお願い申し上げます。
 絵は免疫力を高めるのに有効です。
 実は10年前位から、
主人の関係でスペイン風邪の本を読んでおりました。
 まさか、本当に来るとは思ってもみませんでした。
当時、日本でこんな実験をしていました。
 全く正常な方に、スペイン風邪の菌を入れたのです。
 ところが何ともないのです。
 ご本人に免疫力があれば、
何が来ても大丈夫なのです。
 私は10年間病気の時期がありました。
入院中のプラスティックの食器が嫌で、
何とかならないかと看護師さんに話しました。
 当初はただ真っ白な
プラスティックだったのだそうです。
 とても不評で、模様が入ったとのことです。
 割れる食器は無理なので仕方ないのですが、
絵が少し入るだけで、全く違ったのです。
 また磁器も生きているということなんだと思います。
家具も何もかも全部がプラスティックだと
気がおかしくなると思います。
 病院の廊下に絵があるだけで、癒されました。
 今回は、金箔を散りばめた作品が多いです。
 実験として、水彩紙に透明水彩で描いて、
笹本正明先生に教えて頂いた雁皮紙を貼り、
その上に岩絵の具で描いて
金箔を散りばめたものもあります。
 水で心を洗い流し、
岩絵の具でさらに美しく、
そして金箔を散りばめて、
コロナの不安に負けないように。。。
 「鬼滅の刃」のタイトルの作品もあります。(40号)
案内状の作品は、
「ボサツ 愛の海」(15号)です。
沢山のオシャレな菩薩がありますので、
どうぞご高覧賜わりますように、
再度宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

akemiart絵描き
 文化服装学院ファッションデザイン科卒。20代の頃はファションデザイナー。和服からドレスを外国人に販売。   和服を提供したのが、パリに禅を広めた弟子丸大仙の親戚。海外の方がZenに興味を持っていることに驚く。1年西欧に滞在して哲学や宗教の大切さを痛感。  帰国し、電子式パイプオルガンの装飾などを手掛ける。音楽雑誌や新聞に紹介もされる。  結婚と同時に僧籍に入りました。密教、古神道、易の本筮法、九星、家相、手相、姓名学を学ぶ。    その後、病気を経験。  池袋メトロポリタンで、易カウンセラーとして、1万人の人生相談に乗る。  この頃、病気のお蔭で二度目の最愛の人と出会い、僧籍離脱 還俗しました。海外旅行をしながら絵を描き始める。  様々の画材で絵を描き始め、沢山の賞を頂く。  ドイツでは、ワインラベルとなって販売されている。  絵と詩のコラボも始め、自分も詩を書くようになり、メキシコでは、108人の世界の詩人たちと一緒に紹介されて本になる。