個展 銀座長谷川ギャラリー 市岡あけみ Akemi Amanogawa Ichi

個展 銀座長谷川ギャラリー 市岡あけみ Akemi Amanogawa Ichioka 和と洋の饗宴

 

昨年の12月ですが、

個展の様子をアップしておきます。

大きいサイズ 80号 1点、50号 1点 、

30号1点、10号サイズ 2点

6号サイズ 10点 4号サイズ 3点 

 3号 2点 2号 10点 

 SMサイズ 2点

0号 8点 

変形サイズ 3点

 

大体42点位でした。

今年も12月に展示する予定です。

 

 

看板の絵 個展 市岡あけみ Akemi Amanogawa Ichioka

 

 

 

こちらは、TALのデッサン会の選抜展で、

入選作です。

 

皆様上手な方が多く、

ライフで頑張っている団体です。

私の好きな絵です。

タイトルは「奇跡のりんご」

 

 

このリンゴを食べると、

みんな素直になってしまう、、

そんなりんごです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

akemiart絵描き
 文化服装学院ファッションデザイン科卒。20代の頃はファションデザイナー。和服からドレスを外国人に販売。   和服を提供したのが、パリに禅を広めた弟子丸大仙の親戚。海外の方がZenに興味を持っていることに驚く。1年西欧に滞在して哲学や宗教の大切さを痛感。  帰国し、電子式パイプオルガンの装飾などを手掛ける。音楽雑誌や新聞に紹介もされる。  結婚と同時に僧籍に入りました。密教、古神道、易の本筮法、九星、家相、手相、姓名学を学ぶ。    その後、病気を経験。  池袋メトロポリタンで、易カウンセラーとして、1万人の人生相談に乗る。  この頃、病気のお蔭で二度目の最愛の人と出会い、僧籍離脱 還俗しました。海外旅行をしながら絵を描き始める。  様々の画材で絵を描き始め、沢山の賞を頂く。  ドイツでは、ワインラベルとなって販売されている。  絵と詩のコラボも始め、自分も詩を書くようになり、メキシコでは、108人の世界の詩人たちと一緒に紹介されて本になる。